ふわふわな旅行記

旅行で行った先をふわっと紹介するブログです。

オーストラリア人と仲良くなる必殺技!ウォルシング・マチルダを歌おう

 

オーストラリアに1年間住むことになったとき、英語が堪能でなかった私はどうにか会話以外でオーストラリアの人たちに溶け込む方法はないかと考えていました。

そこで出国前に覚えていった曲が「ウォルシング・マチルダ」。

オーストラリア人ならみんな知っている歌で第二のオーストラリア国歌とも言われています。

 

 

f:id:MONAMONA:20180915044805j:image

メルボルンセントラルでは時間になるとウォルシング・マチルダが流れます)

 

オーストラリアは歴史上の関係から30~40年前までイギリスの国歌を使っていました。

そろそろオーストラリアオリジナルの国歌を作ろうよ・ということでオーストラリアの国歌を決めることになりました。

 

しかし新作を募集するも、なかなかしっくりくるものがなかったため、既に存在する歌から国歌を決めることになりました。そこで国民投票の結果、第2位に輝いたのがこの「ウォルシング・マチルダ」だったのです。

 

結局国歌は投票1位の「アドバンス・オーストラリア・フェア」という曲になりましたが、ウォルシング・マチルダとは僅差だったそうです。

 

もしかしたらオーストラリアの国歌になっていたかもしれないこの曲、歌詞の内容は、ホームレスが羊泥棒をした結果、警察に追い詰められて沼に飛び込んで自殺する。という衝撃的なもの。ウォルシングは当てもなくフラフラさまよい歩くという意味でマチルダとはこのホームレスが持っていた毛布の名前。ホームレスが相棒マチルダ(毛布)とオーストラリア大陸をさまよい歩くという設定です。

 

ちなみに内容のわりに軽快な曲調です。

 

国歌だというのにこんな内容の曲が、投票で2位になるなんて。危うくとんでもない国歌を歌い継ぐことになったオーストラリア人のこのてへぺろ感。大好きです。

 

ちなみにこの歌を歌ったら見事に仲間に入れてくれました。

旅行や留学、転勤などでオーストラリアを訪れる際、歌ってみてください。

 

 

[Waltzing Matilda]

1.Once a jolly swagman, camped by a billabong,
Under the shade of a coolibah tree,
And he sang as he watched and waited till his billy boiled,
You'll come a waltzing Matilda with me.
Waltzing Matilda, waltzing Matilda,
You'll come a waltzing Matilda with me,
And he sang as he sat and waited till his billy boiled,
You'll come a waltzing Matilda with me.

2.Down came a jumbuck to drink at the water-hole,
Up jumped the swagman and grabbed him with glee,
And he sang as he shoved that jumbuck in his tucker-bag,
You'll come a-waltzing Matilda with me.

Waltzing Matilda, waltzing Matilda,
You'll come a waltzing Matilda with me,
And he sang as he shoved that jumbuck in his tucker-bag,,
You'll come a waltzing Matilda with me.

3.Up rode the Squatter mounted on his thoroughbred,
Down come the troopers one, two, three,
Whose that jolly jumbuck you've got in the tucker-bag,
You'll come a-waltzing Matilda with me.

Waltzing Matilda, waltzing Matilda,
You'll come a waltzing Matilda with me,
Whose that jolly jumbuck you've got in the tucker-bag,
You'll come a-waltzing Matilda with me.

4.Up jumped the swagman, sprang  into the billabong,
Drowing himself by the coolibah tree,
And his ghost may be heard as you pass by the billabong,
"Who'll come a-Waltzing Matilda, with me".

Waltzing Matilda, waltzing Matilda,
You'll come a waltzing Matilda with me,

And his ghost may be heard as you pass by the billabong,
"Who'll come a-Waltzing Matilda, with me".

 

 

1.一人の陽気なホームレスが沼地のそばで野宿をしていた

お湯が沸くのを待ちながら、ユーカリの木陰で歌っていた
誰か一緒に旅に出ないか?

2. 羊が沼地にやってきた
ホームレスは大喜びで捕まえて 羊を袋に詰め込んだ
よし、お前と一緒に旅に出るぞ

3.馬で主人が駆けつけて 後から警察もやってきた
おい、お前はいま誰の羊を袋に入れたんだ?

4.沼へ飛び込んだホームレス

お前らなんかにおめおめ生きて捕まるもんか
今もその沼のそばを通れば幽霊の歌声が聞こえる

「誰か一緒に旅に出ないか?」

youtu.be

 

 

 

変わりダネ。メキシコの “日本”をお土産にいかが。

 

お名前.com

日本の反対側にあるメキシコ。

この国にかかれば日本のお寿司もカラフルになります。メキシコのスーパーで買える、ちょっと変わりダネな日本のお寿司商品をご紹介。

 

行ったのはメキシコのスーパー、

ソリアナ(Soriana)

こちらのアジアンフードコーナーにありました。

 

カラフルなゴマ。

紫、赤、オレンジ、緑の4色カラー

f:id:MONAMONA:20180913142029j:image

 

寿司のり

1セットの中にピンク、緑、白、黄色の寿司のりが入っています。派手ー。

これ、海藻ではなく大豆から出来ているらしいです。
f:id:MONAMONA:20180913142021j:image

 

お米

かなり衝撃的なカラーの品揃え。

青、緑、赤、黄色、オレンジ、ピンク。

後日改めて行ったら鮮やかな紫色のお米も入荷していました。目がチカチカするー。
f:id:MONAMONA:20180913142025j:image

 

 

海外の“日本”を逆輸入するのも面白いかもしれません。メキシコのスーパーで見つけられます。日本に帰ったらこのド派手な巻き寿司をマリアッチの音楽をBGMに楽しんでみるのも良いかもしれません。

 

SATORUのHP

http://www.satoru.com.mx/

 

 

メキシコのスーパーで買えるおすすめのお土産8選 

 

メキシコに行ったらお土産を買って帰りたいですよね。海外旅行に行った先でお土産を調達するなら、地元のスーパーへ行くのが一番。と良くガイドブックなどで言われています。

 

今回はメキシコのスーパーやコンビニで手に入るお土産をご紹介します。

 

メキシコのスーパー

メキシコのスーパーで有名なのは、だいたいこの3つ。

 

・ソリアナ(Soriana)

・ウォールマート(Walmart

・ボデガ(Bodega)

 

です。

また、コンビニは

 

・スーパークー(Super Q)

・オクソ(OXXO)

 

が有名です。

 

「Chip’s 」

断トツでおすすめなのがこのポテトチップスです。日本の堅揚げポテトの様な感じの堅めのチップスです。フレーバーは塩味、チーズ味、チリライム味等がありますが、私のおすすめはこのハラペーニョ味。緑のパッケージです。ピリッとした辛さと堅いチップスがいい具合にビールに合います。

チリライム味(紫色のパッケージ)は味が独特。辛いんだか酸っぱいんだか…慣れればだんだん病み付きにはなる味ですが、はじめは衝撃的なテイストです。

f:id:MONAMONA:20180910073416j:image

 

「Pringles」

日本でもお馴染みのプリングルスです。メキシコ人が良く口にするチリとライムの組み合わせをテイストにしたもの。メキシコならではのフレーバーです。

f:id:MONAMONA:20180910073419j:image

 

「 Takis」

ドンタコスのあのコーンチップスがくるくる巻きになったようなチップスです。フレーバーは2種類あり、オリジナルとチリライムがあります。どちらも美味しいですが、私はチリライム(紫)が好きです。口に入れた瞬間はスッパムーチョを優に超えるライムの酸っぱで、その後に喉の奥が熱くなるチリの辛さがやってきます。日本には無いフレーバーなのでおすすめです。

f:id:MONAMONA:20180911012548j:image

f:id:MONAMONA:20180912063605j:image

チリライム味

 

 

「メキシコのコーヒー」

実はブラジル、コロンビアについで第三のコーヒー産地メキシコ。高品質でインスタントもおいしいです。
f:id:MONAMONA:20180911012545j:image

 

「チリパウダーの飴」

メキシコ人に馴染みのある飴が、以下。

棒付き飴にチリパウダーがふんだんにコーティングされています。メキシコでは焼きとうもろこしに大量のチリパウダーをふりかけたり、パイナップルやザクロにチリパウダーをふりかけて食べるほどチリパウダー好き。もちろん飴にもかけちゃいます。

ペコちゃんの棒付き飴に、一味とうがらしをまんべんなく大量に付けた感じです。

この味は…私は慣れませんが、メキシコ人にはポピュラーなお菓子なので、ザ・ローカルなお土産になるかと思います。話題づくりに最適かも。ちなみに一発で3番目の「Manchat」チリパウダーでがっつりコーティングされたグミです。

f:id:MONAMONA:20180910073438j:image

f:id:MONAMONA:20180910073442j:image
f:id:MONAMONA:20180910073426j:image

 

「チリパウダー」

調味料コーナーにあります。

一味唐辛子ですが、メキシコらしくライム風味も混ざったもの。だいたい縦7cmほどのミニチュアボトルが10本入っているので、ちょっとしたばら撒きに良いです。
f:id:MONAMONA:20180910073412j:image

 

「モレソース」

メキシコ料理に欠かせない、チョコレートで出来たソースで、肉にかけたりします。

知る人ぞ知るメキシコならではのソースです。独特の風味から賛否両論あるようですが、メキシコの人は大好きなソースです。話題づくりとしていかがでしょう。
f:id:MONAMONA:20180910073430j:image

 

「Clemente Jacques社のドレッシング」

Clemente Jacques社はメキシコに最初に出来た食品加工会社で125年以上の歴史を持っています。日本でいう、キューピーやカゴメと言った感じでしょうか。

このブランドのドレッシングは洒落た物が多い気がします。

 

写真のハニーマスタードはサラダにも肉料理にも合います。ドレッシングだけでも舐めたくなるほどです。

 

ブルーチーズのドレッシングは日本のスーパーではあまり見かけないのでブルーチーズ好きの方にいかがでしょうか。
f:id:MONAMONA:20180910073449j:image
f:id:MONAMONA:20180910073445j:image  

 

以上が地元スーパーやコンビニに置いてあるローカルなお土産です。スーパーだとよりローカルに近いお土産が見つけられる気がするのでおすすめです。また、地元スーパーでは日本で見ない野菜なども並んでいたりするので、見て楽しめると思います。(メキシコのスーパーの青果コーナーではサボテンが売られていますよ)地元スーパーもちょっとした観光スポットになると思いますので、海外に出たら一度その地元のスーパーへ足を運んでみてください。

 

 

 

贅沢!マリアッチが生演奏をするメキシコのホームパーティーに参加した

 

f:id:MONAMONA:20180911012214j:image

仲良くしてくれるメキシコ人のおじさんが「ランチ食べにうちにおいでよ!」と誘ってくれたので行った時の話。

 

メキシコでは親しい仲間や家族でよく集まっては、個人のお家や庭先で共に食事をとったり飲んだりします。

 

ありがたいことにスペイン語が話せない私を、ホームランチに誘ってくれた優しいおじさんアントニオ。奥さんのミリーも元気のある肝っ玉母さんで料理上手。

「コチニータって食べたことある?ないの?!じゃあ絶対食べにおいで!」

ということで、ミリーさんの手料理を食べに、いそいそとお宅へお邪魔したのですが。

f:id:MONAMONA:20180911012235j:image

あ、あれ?

 

なんか私の知ってるホームランチじゃない。

 

すっかりアントニオの庭先でこぢんまりとランチなのかと思ったら、人がいっぱいいるし、ちょっとしたおしゃれな会場がセッティングされている。これはいったい。
f:id:MONAMONA:20180911012223j:image

アントニオにつたないスペイン語で「今日って何か特別なランチなんですか?」と聞いたら、

「おう。今日は俺の誕生日なんだ!だから友達呼んで今日はパーティさ」

 

そうなの?!ミリーさんの手料理のコチニータだけ楽しみに来てしまったから服装もTシャツとジーパンにビーチサンダルで来てしまったよ。

 

「そうでしたか!それはハッピーバースデー!」

と、さもこれは誕生日プレゼントですと言わんばかりに、持参した1ダースの缶ビールとおつまみのナッツをアントニオに手渡しました。持ってきていてよかったー。

 

13時から始まったアントニオのバースデーパーティー。

みんなが集まるのをゆるゆると飲みながら待って、ようやく全員そろった16時頃に奥さんのミリーさん特製のメキシコ料理「コチニータ」が登場しパーティーがスタート。

 

これがコチニータ。

コチニータとは豚肉をアチョテという調味料と酢と唐辛子、トマトなどで煮込んだもの。ユカタン地方の伝統料理です。

 

トルティージャにコチニータと黒いペースト(なんだろう)と赤玉ねぎの酢漬けをのせ、ライムを絞っていただきました。

 

コチニータ、豚肉がほろほろでおいしかった!トマトベースの味もすごくしみ込んでいました。手をびちゃびちゃにしながらがっつきました。おかわりをして、最後はトルティージャなしでコチニータだけつまんでいました。


f:id:MONAMONA:20180911012232j:image

 

お腹いっぱいになって一息ついていると、大型の車がやってきて中から楽器を持った人たちがやってきました。マリアッチです!

 

マリアッチとはメキシコの民族音楽を奏でる楽団のことで、ギタロン、ビヴエラ、ギター、バイオリン、トランペットの楽器で構成されています。

結婚式や街中のレストランにいるのを見たことはあるけど、まさか個人のパーティーでお目にかかれるとは!
f:id:MONAMONA:20180911012220j:image

ここから1時間、休みなくマリアッチがメキシコ音楽を奏でてくれました。

間近で見るマリアッチはめちゃくちゃかっこよかったです。

 

メキシコではこうしたホームパーティにマリアッチを呼び、生演奏でパーティーを盛り上げることはよくあるそうです。さすが!

陽気でトランペットの力強い演奏が住宅地に響き渡ります。メキシコの人たちも一斉にテンションが上がり、一緒に歌ったり、演奏中のマリアッチをバックに集合写真を撮ったりしていました。
f:id:MONAMONA:20180911012217j:image

 

この日のパーティーは13時から始まり、飲めや歌えやで結局0時過ぎまで盛り上がりました。そして一度帰ったこのマリアッチもまた23時頃ここへ戻ってきて、再び生演奏を披露してくれました。

そのころにはパーティー参加者の皆さん、お酒の力でだいぶできあがっていたので、みんな大声で大合唱。マリアッチもごきげんな音楽を力強く奏でていました。

そんな土曜日の深夜。近所迷惑など気しないメキシコのホームパーティ。日本との違いがたくさん体感できてとてもよい経験になりました。
f:id:MONAMONA:20180911012226j:image

 

 

 

 

注意!メキシコでは野菜は消毒しないと食べられない

 

 

 

メキシコで野菜を生で食べたり、フルーツを食べたりする際、必ずしなければいけないことがあります。それは、

 

専用の消毒液でしっかり消毒をすること

 

なぜか。

それはあまり良い環境で栽培されていないので、メキシコで育った野菜や果物には寄生虫や微生物いるから。 

水が豊富な国ではないので、下水を使って栽培することがあるのだそうです。そうでなくてもメキシコの水はきれいではないので水道水は飲めません。なので水道水で洗っただけでは洗浄できたとはいえないのです。

 

消毒をしないで食べてしまうと体内に寄生虫を飼ってしまうことになったり、激しい腹痛と下痢に見舞われたりします。

 

そこでメキシコではこちらの専用消毒液を使って調理前に野菜やフルーツをしっかり消毒をするのが一般的です。この消毒液はスーパーの青果コーナーで購入することができます。

 

f:id:MONAMONA:20180907031311j:image

 

f:id:MONAMONA:20180907031315j:image

 

使い方は簡単。1リットルの水につきこの消毒液を8滴たらし、野菜を10分間つけるだけ。この他1リットルの水道水にこの消毒液を1滴たらし、15分待つと飲むことができるそうです。また1リットルの水につきこの消毒液を15滴たらし、15分待つだけで、哺乳瓶や調理器具の消毒ができるようです。

f:id:MONAMONA:20180907031319j:image

このように、野菜をつけた水に消毒液をたらします。

この消毒液はヨード系、成分には銀イオンが含まれています。銀イオンは殺菌性が強いらしいです。野菜をこの消毒液につけて10分後、洗い流さずに食べます。

洗い流さないの!?と思いますが、銀イオンは体内に取り込んでも新陳代謝機能や免疫機能により速やかに体内から排出される生理機能をもっているので体内に蓄積されないそうです。

また欧米では健康のために銀イオン水を飲用する民間治療が盛んなんだとか。

 

それでも心配な方はミネラルウォーターですすいでいらっしゃるようです。ただし水道水では決してすすがないでください。メキシコの水道水は綺麗でないので飲めません。そんな水ですすいでしまったら消毒した意味がなくなってしまいます。

 

消毒液を使用するのに抵抗のある場合は酢水に15分程つけて殺菌する方法もあるそうです。

f:id:MONAMONA:20180907031322j:image

 

 

これで生野菜が安心して食べられます。

 

 

もし万が一、食べ物が原因でお腹を壊してしまったら、こちらの薬が効くようです。

f:id:MONAMONA:20180907031325j:image

 

メキシコで生野菜やフルーツを食べる際は消毒を忘れずに~!

 

銀イオンについて(日本イオン株式会社

http://www.ion-net.co.jp/gin-ion-mizu.html

 

 

 

 

 

北海道の地震 海外のメディアでも報道される

6日未明に北海道胆振東部で発生した地震で被害にあわれた皆様に対し、謹んでお見舞い申し上げます。

 

今回の北海道での地震は海外メディアでも報道されました。

f:id:MONAMONA:20180907031938j:image
f:id:MONAMONA:20180907031941j:image
f:id:MONAMONA:20180907031954j:image
f:id:MONAMONA:20180907031948j:image
f:id:MONAMONA:20180907031935j:image
f:id:MONAMONA:20180907031945j:image

 Channel NewsAsiaのHPより

 

この記事では6日未明、北海道でマグニチュード6.6の地震があり、津波の心配はないものの広範囲で停電と地すべりが発生し、家屋の倒壊などの被害が出ていること。82歳の男性が地震により自宅の階段で転倒し亡くなった他、行方不明者、怪我人も出ていることが取り上げられました。

先日の台風のニュースも併せて現在も新しい情報が報道され続けています。

 

「つい最近台風で大阪に大きな災害があったばかりじゃないか」

「なんてこと。今年の日本はどうしたんだ」

「日本は僕の大好きな国なんだ。日本の為に神に祈りを捧げるよ」

「行方不明者の方が無事でありますように」

「日本人は強い。どうか負けないで」

「日本は親切な人が多くて今まで訪れた国の中で一番だ。彼らの無事を本当に願っているよ」

「どうか皆さんご無事で」

「大阪での台風のニュースを見たばかりなのに今度は北海道の地震だなんて…心がとても痛い。被害にあわれた方のいち早い回復を願っています。」

「なんということだろう。今年の日本は自然災害が多すぎるよ。とても悲しい。もうこれ以上災害が起こらないことを強く願います。」

 

など、この記事には多くのコメントが寄せられています。

 

今年の日本は自然災害が本当に多く、私もニュースで報道される度に胸が張り裂けそうな思いになります。北海道の方だけでなく大阪の方など、被災された方々の一日も早いご回復を心よりお祈りいたします。

ギネス記録に認定された日本人夫婦のニュースが海外で取り上げられる。

 

シンガポールのニュース番組、チャンネル・ニュースアジアにギネス記録に認定された日本人夫婦が紹介されました。

 

 

f:id:MONAMONA:20180905142928j:image
f:id:MONAMONA:20180905142925j:image


f:id:MONAMONA:20180905142919j:image
f:id:MONAMONA:20180905142922j:image

 

Channel NewsAsiaのHPより引用

 

 

 

高松市に住むマツモト マサオ(108歳)さんとその妻ミヤコ(100歳)さんがこの度、存命中の最長寿夫婦(合計年齢208歳)としてギネス世界記録に認定されました。

彼らは1937年の10月に結婚してから現在まで約80年共に結婚生活を送っています。

 

「涙が出るほどありがたい、とても嬉しいです。(結婚生活がこんなに続いているのは)私の忍耐のおかげね」と妻のミヤコさんは冗談まじりに笑いながら記者にこう話しました。

 

当時戦争に突入した日本。マサオさんは兵士として海外に出てしまったので結婚式は挙げませんでしたが、決してそれは後に彼らが大家族になるための障害にはなりませんでした。

現在彼らには、先月生まれた子を含めて25人のひ孫がいます。

 

「彼らの人生は終盤に差し掛かっていますが、この名誉ある賞をいただけたことは、彼らにとってさらに長生きをするための励みになります」と娘のヒロミさん。

 

厚生省の発表によると日本人の平均寿命(84歳)は香港についで世界2位。

 

ちなみにすでにギネス世界記録に認定されている最長寿夫婦は合計年齢が210歳一か月と34日のNorwegians KarlさんとGurdren Dolvenさん(Gurdrunさんは2004年没)夫妻。

 

 

という記事。ご夫婦で100歳を超えるご長寿とは!それだけでも大変素晴らしいことですが、さらに戦争も乗り越え、結婚生活を80年も迎えているとは。なんて素敵なんだろうと思います。

ちなみに結婚記念日、日本には1年目の紙婚式から60年目のダイヤモンド婚までがありますが、海外では結婚75年目になるとプラチナを。80年目には樫、85年目はワインを贈ってお祝いするのだそうです。

 

シンガポールの人たちの反応は、

「完璧な結婚生活なんてないから良い結婚生活を送るにはお互い努力が必要よね」

「旦那さんの為に奥さんが忍耐強くならないなんて。それって本当に幸せ?」

「忍耐かー。昔はそうだったのかもね」

「これこそ本当に完璧な結婚だよ!」

「この夫婦はお互い沢山支え合ってきたのね。だからこんなに長い人生が送れるのよ」

「なんて素敵なご夫婦なんだ!」

「この夫婦を尊敬するなー」

 

など様々。この奥さんの結婚生活が長続きしているのは忍耐のおかげ・というコメントに何かを思う方が多いような感じでした。文化や時代が違うからこそなのでしょう。

 

なにはともあれ、お互いご長寿とはいえこんなにも長く結婚生活が送れるなんて、やはりそれだけお互いを思いやってきた証拠なのだと思います。若輩者はただただすごいなぁ。という尊敬の念しかありません。これからもこのご夫婦には健康で幸せな結婚生活を送っていただきたいと願わんばかりです。

 

 

 

「おめでとう」の気持ちを伝える結婚祝い。【ネームインポエム】